石油暖房は安いがデメリットがあるタイプも コタロは使いません

冬は暖房の暖かさに感謝したくなるコタロです(`・∀・´)
そろそろ寒くなってきて暖房が活躍する時期。

家庭によって暖房の種類は違うと思いますが、今回は石油暖房について書いてみようと思います。

石油暖房と言っても色々ありますし、暖房機器の価格が比較的安いとか、手軽に使えるとか、光熱費(灯油代)が安いとかのメリットはあるものの、デメリットもしっかりあって、コタロはそのデメリットが嫌なのであまり使いません。

ちなみに、石油暖房と灯油暖房はどう違うの?なんてたまに聞かれますが一緒です。
石油(灯油)を燃やして暖を取る暖房のことを石油ストーブや石油暖房(灯油ストーブや灯油暖房)と言います。

今回は石油暖房の種類や、それぞれの良い点はもちろんですが、特に悪い点に注目してついて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

石油暖房にはデメリットもある

石油暖房を冬場に使うという人も多いですが、忘れちゃ行けないのがデメリットです。
全ての石油暖房機器が同じデメリットがあるというわけじゃありませんが、中にはデメリット部分が大きなものもあります。

コタロが使わないのもデメリットが大きなタイプ。

石油暖房の種類によっては一酸化炭素中毒を引き起こし命が危険になるという恐ろしいデメリットがあります。

また石油暖房機は非常に沢山の水蒸気を出すので、室内の湿度が上がります。
冬は乾燥しがちなので構わないという人もいますが、コタロの住んでいる地域は非常に寒いので、湿度が上がればすぐに結露が発生します。

その結露は放置すれば腐食やカビの温床に。
家自体も痛むしカビの胞子が舞い散るので体にも悪いです。

コタロは一酸化炭素中毒と結露という大きな二つのデメリットがあるので石油暖房のタイプによっては使いません。

それに、冬期間にしか石油ストーブを使わない場合、灯油を余すと処分に困ります。

昨年の古い灯油は腐って(変質して)不完全燃焼を起こしたり故障の原因になるので使うのはやめた方が良いと思います。

灯油の補充も面倒だし、確かに機器や灯油代などコストが安くて暖かいというメリットはあるものの、それを上回るデメリットがあると思ってます。

ただ、石油暖房のタイプによっては、デメリットがほぼなく、メリットが大きいタイプもありますので、石油暖房の種類で代表的なものを、特徴やメリットデメリットを合わせてまとめてみます。

石油ファンヒーター

ポータブルタイプの石油暖房です。
コンセントを使い電源を入れて、中で灯油を燃やしファンを回してその温風を出す暖房器具です。

こんなタイプの石油暖房。

これは電源がないと動かないタイプですからどこにでも置けるわけじゃありません。
いわゆる開放式といわれるタイプで、室内の空気を取り込んで灯油を燃やし、排気も室内にします。

なので、危険な一酸化炭素や発がん性があると言われている窒素酸化物を含め様々な物質が室内に充満。

呼吸器疾患の可能性が高くなるなど健康に良くないです。
使う際は必ず定期的な換気が義務づけられていて、怠ると一酸化炭素中毒で死亡例も多数。

コタロは絶対に使いたくないタイプの石油暖房です。

灯油の補充も必要ですし、灯油を余して寒い時期が終わると処分にもこまります。
何かと面倒でリスクも高いものだと思っています。

ポータブル石油ストーブ

こちらも開放式のポータブルタイプの石油ストーブです。
ファンヒーターとの違いはファンがないこと。

電気で動くわけじゃないので、コンセントがなくても暖房は使えます。
こんなタイプです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナ ポータブル石油ストーブ RX-2217Y(HD)
価格:7980円(税込、送料無料) (2017/10/25時点) 

THE石油ストーブという感じですね。
これも開放式ですから、室内の空気を取り込んで燃焼し、室内に排気されます。

同じように一酸化炭素や窒素酸化物などの体に悪い物質がでますし、換気も必要で、怠れば命に関わります。

ただ、電源を必要としないというのがメリット。

停電の時など急に暖房を使えなくなった際の予備暖房として利用できます。
また、単純な構造なので、価格も石油ファンヒーターより安いものがあります。

どうしてもポータブルタイプの石油ストーブを一つ買うとしたら、コタロはこれを買います。

灯油の補充が面倒なのも変わりませんが、電源が必要ないということで災害の予備暖房として使う感じです。

外で使うか分かりませんが、電源が必要ないので野外でも使用可能です。
災害や停電の際は心強いです。

ただし、その場合も灯油の準備が必要で、灯油は長く備蓄できませんから、毎年予備の灯油を買って使わなきゃ処分しなきゃいけません。

いざ必要な時に灯油買うの忘れてたとなりかねないので、コタロは要らないかなと思っています。

FF石油ストーブ

もう一つ代表的なストーブがあってFFストーブという言われるタイプのものです。
これは強制給排気型(FF式)石油ストーブという名前だけあって、煙突を屋外へ出して、外の空気を使って燃焼させ、排気も外に出すというタイプ。

室内の空気も使わないし、室内に一切汚い空気が排気されません。
なので室内はクリーンで健康にも全く影響なしです。

このストーブならコタロは全然良いと思います。
むしろ積極的に使いたい。

ただし、デメリットもあります。
まず一つは価格が高いという点です。

比較的大型のものが多いので、価格自体が安くても10万円前後〜と高め。

しかも、壁に穴を開けて煙突も必要ですから工事費もかかります。
当然アパートやマンションなどの賃貸の場合は無理。

そして一度設置したら動かせません。
煙突と接続しなきゃ駄目なので、その場所から動かせないので、使わない夏も置きっ放し。

邪魔なんですよね〜
灯油も大量に使いますし、灯油タンクは内蔵されていないので、室外にタンクを置いて、そこから灯油をくみ上げるシステムも必要です。

そのため、雪国以外ではまず採用されない暖房です( ̄▽ ̄;)

石油ストーブを使う際の注意点

一般的に石油暖房というと、ポータブルタイプの石油ファンヒーターか石油ストーブを思い浮かべると思います。

いずれの場合も持ち運びが出来て、比較的安い価格で手に入る手軽な暖房で、光熱費も安いのですが、健康への影響が大きいです。

一切換気なしで使うと命に関わりますし、呼吸器疾患や癌の可能性だってでてくるかも。

ちょこちょこ換気すれば普通に寒いです。
暖房つけながら窓を開けるというのは、どうも合理的ではありません。

水蒸気も出るので結露も心配です。

以上のような理由から、コタロは石油ストーブには否定的。
家の中で使うのなら、電気ストーブが良いと思っています。

普通の電気ストーブだと高いので、エアコンが光熱費も安く空気もキレイなのでベストかもしれませんね。

エアコンは石油暖房に比べると暖かさの質が違って、あまり心地良い暖かさではありませんが、健康面や光熱費を考えるとベスとかなと思います。

もし開放式の石油ファンヒーターやポータブル石油ストーブを使う場合、換気を必ずおこなうことです。

日本ガス石油機器工業会によると、換気は1時間に1~2回(1~2分)行い、その際は窓を2カ所開けて風が通るようにするのが良さそうです。

一カ所だけ窓を開けてもきちんと換気されないのでしょうね。
換気しない場合、最悪室内の酸素濃度が下がりストーブが不完全燃焼をおこし一酸化炭素中毒になります。

未だに一酸化炭素中毒事故はあるので、石油ストーブを使う際は、煙突のあるFF式を除いて、必ず換気をするように気をつけてください。

面倒くさければ石油ストーブではなく、電気ストーブ、エアコンを使う方が良いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする