インフルエンザの予防には栄養も大事 コタロがしてる効果のある方法

インフルエンザに絶対なりたくないコタロです(`・ω・´)
体は痛いし食欲はなくなるし、仕事も行けないしだるいし・・・

そんなこともあってインフルエンザにはなりたくありません。
毎年、冬の間は感染しないように予防を心がけているのですが、そのおかげか、かれこれ7年以上はインフルエンザに感染していません。

家族がなってもコタロには今のところうつっていません。

今回はそのコタロがやっている予防方法について記事にしてみたいと思います。
普段から心がけてしている予防で、誰にでも効果があるかは分からないものの、コタロには効果があると思っています。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防に効果のある方法

まずはインフルエンザの予防に効果があると言われているもので、コタロが実践して効果を実感しているものをいくつか書きます。

うがい・手洗い

まずはうがい、手洗いでしょう。
基本中の基本で、風邪やインフルエンザに限らず、病気の予防には必ずと言って良いほどでてくるもの。

コタロも必ず実践しています。
手洗いは薬用ではなく普通の石鹸かハンドソープ、うがいはうがい薬などは使わず水でおこなっていますが、効果はあると思っています。

加湿

加湿も重要です。
特に部屋の加湿は感染拡大にも重要ですし、喉を乾燥させないことでインフルエンザにかかりづらくしてくれます。

インフルエンザウイルスは乾燥しているところだと活発に動き回りますが、湿度のある状況だと感染力は大きく落ちるようですから、加湿は重要だし効果もあると感じています。

ただ、コタロの場合は家全体の加湿は結露の問題もあるので、家族にインフルエンザがでた場合に限り、その部屋だけ加湿しています。

睡眠としっかりとる

これまた重要なことです。
睡眠をしっかりとって体調が良くなれば、身体の抵抗力もあがるので多少ウイルスが入ってきたくらいなら免疫機能が退治してくれます。

目に見えないウイルスを完璧に防ぐのは無理なので、多少はいっても免疫機能が勝てるように睡眠をしっかりとって抵抗力を上げるというのは大事です。

防寒

これも同じで、しっかり寒さ対策をして抵抗力を落とさないようにするってことです。
寒いと身体の抵抗力は落ちますので、防寒はしっかりして身体はできるだけ温めておくことが大切です。

コタロは雪国に住んでいるので、防寒具はかなり充実していて、家の中でも外でも寒くならないようにしています。

身体の免疫力は体温が高い方が活発なようですし、ウイルスは体温が高いと活動が鈍るようなので、風邪を引いたりインフルエンザになると熱が出て身体は抵抗力を上げウイルスの動きを抑制して対抗します。

普段の生活でも身体を冷やさないようにすることで抵抗力を下げないように気をつけることは大事だと思います。

予防接種をする

予防接種もインフルエンザ予防には効果的です。
予防接種をしたからといって、100%防げるわけではないものの、抵抗力は上がるし感染しても症状が軽く済むことが多いようです。

コタロも重要な仕事がある時なんかは予防接種はします。
妻もしていて、普段インフルエンザ患者の多い所で働いていますが、感染したことは1度しかないです。

感染しても比較的症状は軽かったので、インフルエンザになりたくないとか、患者が多そうなところに行くことが分かっているのなら予防接種した方が良いと思います。

今年は予防接種の数が不足しているようなので、どうしても打ちたい人は急いだ方が良いかもしれませんね。

ここまではざっくり紹介しましたし、一般的なことで実践中の人も多いと思います。
コタロはそれプラス、他にも重要視していることがあります。

インフルエンザ予防には栄養も大事

何を重要視しているかというと、食事です。
食事なんて美味しければ良いとか、お腹がいっぱいになれば良いって人も多いですが、コタロはインフルエンザ対策のためにも食事で十分な栄養を取ることが必要だと思います。

先ほども書いたんですが、多少ウイルスがはいってきても普通は身体の免疫機能が退治してくれて、その処理能力を上回ったウイルスが侵入した場合に発症します。

これはインフルエンザに限らず、どんな感染症も一緒。
なので、身体の抵抗力を上げるというのはスゴく重要です。

抵抗力が高ければもし、症状が出ても症状は軽く、治りも早くなりますからね。

その免疫力をつけるには十分な睡眠や身体を冷やさないことも重要ですが、食事もすごく大事です。

だって、身体を作るのは食事ですからね。
十分な栄養を摂取することで、免疫力をあげインフルエンザ予防に繋がるというわけです。

バランスよく食べるのはもちろんですが、やはりビタミンなどは積極的に摂取したいです。

身体を温める生姜や、抗酸化作用のある食べ物など、色々なものをバランス良く食べることで風邪はもちろんインフルエンザにも対抗できる身体作りができると思っています。

それと食べ過ぎないことも重要。
満腹になって、その消化分解に余計なエネルギーを使うのもよくないので、適度な量を色々なものをバランス良く、ビタミン少し多めに食べてれば予防になると思います。

インフルエンザは人からうつらないように気をつける

インフルエンザの予防という点で見れば、人からうつされないようにすることも大事です。

家族間であれば先ほども書いたように加湿はスゴく重要。
舞い散るインフルエンザウイルスを落とすことができるので、吸い込む可能性が低くなります。

当然ですが、感染者が多い場所に行かないということも大事です。
人混みや、人が集まるところなんかは、感染者がいる可能性も高いためあまりいかない方が良いでしょう。

特に気をつけたいのが病院です。
風邪で内科に行ったら、そこにインフルエンザ患者がいて感染して帰ってくるなんて可能性も十分にあります。

より重症になってしまうわけですから、家で寝てれば治るような風邪なら、インフルエンザ流行中は病院には行かない方がいいって可能性もあるわけです。

もし行く場合はマスクを付けるのはもちろん、身体にウイルスをつけないようにすることも大事です。

マスクは感染者がしないと効果がない、なんていわれていますが、感染したくない人だってマスクをすることで多少効果はあります。

もちろん、インフルエンザの人がしてくれればウイルスをまき散らさないので効果は絶大ですが、人に行動を強制することはできませんからね。

自分がして、最低限喉の潤いを保ったり、咳などで飛んでくるもの、飛沫感染を防ぐ意味でもマスクはしていた方が予防効果はあります。

以上、インフルエンザ予防でコタロがしていること、効果があると感じているものを紹介してみました。

これからインフルエンザシーズンですから、感染しないように、そして可能な限り人にうつさないように気をつけてください(ノД`)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする