除雪機は北海道では必要?家庭用が必要な地域とそうじゃない地域

北海道が大好きなコタロです( ´ ▽ ` )ノ
生まれも育ちも北海道のコタロは、夏はそんなに暑くない北海道が大好きですし、冬の寒さもそこまで苦になりません。

ただし、一つだけ嫌なことがあります・・・
それは雪!

雪だけはどうにも好きになれません。
今回はその雪に関すること、除雪機についてです。

北海道で生活するためには、除雪機が必要になるのか、それともなくても大丈夫なのか、そのあたりを含めて、除雪機を買う場合の注意点なども記事にしてみようと思います。

スポンサーリンク

除雪機は北海道で必要になる?

まず、北海道では除雪機が必要なのかどうかですが、これは住んでいる場所と住んでいる家によるでしょう。

札幌なんかに住んでいる限りは、大半の人は必要ないと思います。

必要なのは、北海道の中でも雪の多い地域の人です。

旭川を中心とする上川地方や、後志地方、その山間部などの場合はあった方が良いと感じることも多いかもしれません。

札幌周辺なら石狩とかだと雪がかなり多いですし、札幌市でも北区のあいの里方面であれば雪がかなり多いので、除雪機が欲しくなるときがあるかもです。

小樽なんかは微妙なところですね。

住んでいる場所が豪雪地域だったとしても、土地の広さによっては必要ないと思います。
アパートに住んでて、駐車場周りだけ除雪すれば良いとか、戸建てでもカーポートや車庫があって、除雪スペースは道路までの少しってことなら、多少雪が降ってもスコップやママさんダンプがあれば大丈夫。

ただし、小樽や札幌の一部の地域などの豪雪地帯と言えないまでも、雪がそこそこ多いという程度の地域であっても、除雪が必要なスペースが広ければあった方が良いかも知れません。

コタロもそのあたりに実家があるのでよく分かるんですが、車4~5台スペースのある家も珍しくないです。

そこを一人で除雪となると泣きそうになりますからね・・・
降雪量もそうですが、除雪が必要なスペースがどれくらいあるかによっても、除雪機が必要かどうかは違ってくると思います。

つまり、必要かどうかは住む場所と除雪が必要なスペース次第って感じです。

除雪機の家庭用タイプを北海道で買う場合の注意点

もし、どうしても除雪が大変で、除雪機を買うという場合に注意しなきゃいけないことがいくつかあります。

まず一つは、置く場所の問題。
除雪機が必要といっても、使うのは冬の間のみ。

冬以外の期間、野ざらしにするわけにはいかないので、物置や車庫など長期間おいておくことのできる場所が必要です。

同時に、冬の期間でも積雪量によっては月に1回出番があるかどうかという時期もあります。

当然ながら、冬の期間雪深いなか物置から出し入れというのは現実的ではないので、冬期間も置けてすぐに使えるような場所が必要になります。

盗難対策も必要なので、ぱっと見じゃわからない場所が良いです。

もう一つの問題は排雪場所です。
除雪機は融雪機とは違って雪を溶かすのではなくて飛ばす道具。

雪を飛ばしても良い場所が必要です。
大抵、除雪機を必要とする家は、敷地が広いので飛ばす場所はあるかなと思いますが、敷地全体の雪をためる場所になるので、結構な広さが必要です。

それこそ、車5台分の駐車場なら、豪雪地域なら半分くらいは雪の山で埋まっちゃいます。

排雪できる雪置き場が全く無いのに除雪機を買っても、全く使えませんので、その点は注意が必要です。

いずれにしても除雪機は広いスペースのある戸建て向けのものですね( ̄▽ ̄;)

結局北海道で除雪機は必要なの?

結局北海道で除雪機は必要なのかですが、家によっては必要かもしれませんが、一般的な住宅に住んでいる場合はあまり要らないかな?と思います。

一般的の基準も難しいのですけどね。
北海道の田舎なら、それこそ広い敷地が一般的という場合もあるので・・・

であれば、除雪機が必要かどうかの判断は、自分の体じゃ除雪がきついときで、除雪機の置く場所や排雪スペースがある場合となるでしょう。

一般的な60歳くらいまでの男性なら、よほど豪雪地帯じゃない限り、車2~3台分の駐車場の除雪は辛いながら出来ないこともないですし、家族の助けもあれば普通に可能です。

もし必要なことがあるとすれば老後で体力が落ちてきてからということになるでしょう。

ちょっと考え方を変えれば、除雪は冬場の良い運動にもなりますし、北海道だから絶対必要というわけではないものでもあります。

除雪機が使える環境であれば、あれば楽なのは間違いないですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする