ママ友の忘年会に行きたくない!断り方で角の立たない方法は

どうも、コタロです( ̄▽ ̄)
今回も忘年会に行きたくないシリーズなのですが、今までは仕事や職場での忘年会という想定でした。

今回はちょっと趣向を変えて、ママ友の忘年会を想定してみたいと思います。

コタロには主婦の友人や妻もいますから、ママ友の付き合いなんてのも人並み程度には知ってるつもり・・・?

何にせよ、この手の忘年会を断る理由は単純で、相手に嫌な思いをさせずにどう断るかってことかと思います。

それでも、今回もいってみよ〜!

スポンサーリンク

ママ友の忘年会に行きたくない!

まずは、ママ友の忘年会に行きたくないという場合、どうするのが良いのか、行かなくてもその後の付き合いなど大丈夫なのかという話しから。

基本ママ友の付き合いは面倒くさいように思います。
もちろん、楽しく付き合っている分には良いのですが、中心的な人物やグループがあると思うのですが、その人が企画したものだと断るのは中々しんどいです。

参加しない=付き合いが悪い
そんな烙印を押されることもあるでしょう。

できれば行きたくない場合でも、それは避けたいところではありますが、正直ママ友の集まりはしんどいだろうなぁと思います。

じゃあどうするのか。
参加しなくても付き合いが悪いとかって思われないように断れば良いのです(´∀`=)

ママ友の忘年会の断り方はどうすればいい?

断り方ですが、人付き合いの基本は会社でもママ友でも一緒。
相手を不快にさせないことに尽きます。

ママ友の忘年会も、行きたくないから行かない、などと言えばその後大変なことになるでしょう( ̄▽ ̄;)

なので、行きたいけど、どうしても行くことができない、そんな理由があるのならベスト。

具体的にどんな断り方が良いかというと、やはりコタロがよく使う体調不良、もしくは仕事を理由にするという断り方です。

体調不良に関しては本人である必要がありませんが、子供の調子が悪いというのを理由にしてしまっては、後々バレる可能性があるのでやめた方が良いでしょう。

旦那や義両親あたりに、申し訳ないけど調子が悪くなって貰い、その看病があるということにすれば良いでしょう。

子供から情報が漏れないように、子供にも一緒に嘘をつく必要はありますが、周りのママ友も仕方ないよねとなる理由で、角が立つことはありません。

もう一つは仕事です。
パートなど仕事をしているのなら、その日はどうしても休むことができないと言えば良いかなと。

もちろん、事前に忘年会の参加の確認の際に、仕事の都合で行けないかもしれない旨は伝えておく必要があります。

当日いきなり仕事だから行けない!と言えば、当然いわれた方は良い気分がしませんので、事前に準備が必要ではありますが、準備さえできれば妥当な理由ですし、後々角が立つようなことはないと思います。

ママ友でも会社でも相手に仕方ないと思って貰うのが大事

断る理由に関しては先ほど書いたもので問題ないと思います。

ただ、いくら仕事でも、いきなりドタキャンはイメージが悪いです。
中心的な人物と周りの人に、楽しみで行きたいけど、その日忙しくて仕事休めないかも・・・休めるように調整してみるけど無理ならごめん!と事前に言っておくと良いと思います。

日取りが近づいてきたら、やっぱり休めなかった。
断り方としては悪くないですし、後々何かいわれるようなものではないのですが、事前にある程度準備せずにいきなり仕事を理由にすれば、当然反感は買います、

ポイントは仕事だから行けないという部分ではなく、行きたいけどどうしても行くことができないかもしれないと事前に伝え、行けるように努力してみたけど無理でしたという部分です。

きちんとそうした状況を時間をかけて矛盾なく作ることで、行けないらしいけど仕方がないね、という雰囲気を作ることができます。

これはママ友に限らず、会社でもなんでも、どんな付き合いでも一緒です。
相手を逆なでするような断り方、気分を害すようなものは絶対にダメです。

これなら仕方がない、そう思えるような理由と、その雰囲気作りをするということに気を使っていれば大丈夫だと思います。

行きたくないのに時間やお金を無駄に使うのも嫌ですし、忘年会と言えば基本年末の忙しい時期あたり。

行きたくなければ行かなくて良いと思いますし、必要であれば多少の嘘はついて断れば良いと思います。

後々の付き合いを円滑にするためにも、お互い嫌な気分にならないようにすることは大事ですからね(´∀`=)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする